チリ代表選手

ニーノ・マラヴィージャ(ワンダーボーイ)という愛称をもつ、期待された選手です。その後、CSDコロコロ(チリ) 、リバープレート(アルゼンチン)と1年ずつの所属ではありますが、各所属チームのタイトル取得に一役買っています。現在20歳と非常に若い選手で、南米ユース選手権やFIFA U-20ワールドカップ2007といった大会でもマウリシオ・イスラと共に活躍し、充分な成績を収めています。

チリ戦を観戦する際には注目したい選手ですね。チリ代表としては2006年からA代表に招集されています。プロデビューは2005年、コブレロア(チリ)において です。

171cmとサッカー選手としてはそれほど大きな体ではありませんが、ヒールキックやフェイントを多用したトリッキーなプレイが得意で、ドリブルでの突破力も素晴らしいものがあります。 セリエAは5月31日まで日程が組まれていますので、キリンカップサッカー2009の日本代表対チリ戦に出場するかは不明です。しかし、まだ20歳と非常に若い選手ですので、今後日本代表とプレイする機会があるかもしれません。

アレクシス・サンチェスのポジションはFWです。現在、マウリシオ・イスラ同様ウディネーゼに所属しており、背番号も11番と今後の活躍を期待された選手です。アレクシス・サンチェス(本名 アレクシス・アレハンドロ・サンチェス・サンチェス)は1988年12月16日生まれ、チリ代表のサッカー選手です。



アルトゥロ・ビダル選手

A代表デビューは2007年の4月のアルゼンチン対チリ戦です。2002年から連続してワールドカップ出場を逃し、低迷していたチリ代表ですが、フル代表の世代交代を行ったようで、現在のA代表メンバーは25歳以下の選手が半数以上を占めます。主に左サイドでプレイすることが多いようですが、ディフェンシブミットフィルダートして中盤で起用されることもあります。

アルトゥロ・ビダルをはじめ、チリ代表の若手選手はFIFA U-20ワールドカップ2007で好成績を収めるなど、非常に有望な選手が揃っているため、2010年ワールドカップ南アフリカ大会の南米予選でも現在3位と高位置につけるなど、チリ代表の活躍に多大なる影響を与えているようです。アルトゥロ・ビダル(本名 アルトゥロ・エラスモ・ビダル・パルド)は1987年5月22日生まれ、チリ代表のサッカー選手です。2005年チリの名門コロコロでプロデビューをし、2007年よりドイツのレバークーゼンに移籍しました。

チリ代表としては、FIFA U-20ワールドカップ2007における3位という好成績にも貢献しています。ポジションはDF。

ドイツブンデスリーガの今期開催は5月23日までですので、キリンカップサッカー2009のためにアルトゥロ・ビダルが来日する可能性が高いのではないかと思います。5月27日の日本代表対チリ戦において、どういったプレイを見せてくれるのか、とても楽しみですね。


相互リンク
ホームページ作成



カルロス・ビジャヌエバ選手

オフェンシブハーフとして、トップ下でプレイすることがおおいようです。アウダックス・イタリアーノに在籍中であった2007年にはチリの年間最優秀選手にも選ばれたほどの選手でもあり、ブラックバーン・ローヴァーズでは500万ポンドで完全移籍する可能性もあるそうです。ただ、今回が無理であっても、まだ23歳と非常に若い選手ですので、今後日本代表とプレイする機会があるかもしれませんね。

ポジションはMF。チリ戦を観戦する際には注目したい選手の一人ですが、プレミアムリーグの今期日程は5月24日までであり、5月27日の試合まではそれほど調整機関が無いため、キリンカップサッカー2009の日本代表対チリ戦に出場するため、今回も来日できるかは不明です。

カルロス・ビジャヌエバ(Carlos Andres Villanueva Roland)は1986年生 まれ 、チリ代表のサッカー選手です。チリ代表としては、2007年のコパ・ アメリカ2007のエクアドル戦でビューをし、その初試合でフリーキックにて A代表初ゴールを決め、それが決勝点となっています。 これが彼の成功の道の原点になったといっても過言ではないかもしれません。 彼のファンであれば、この事実は知っておきたいところですね。

2008年1月に行われた親善試合の日本代表対チリ戦の時もA代表のメンバーではありましたが、クラブの事情により来日できませんでした。 2003年にチリのラ・セレナでデビューをし、翌年アウダックス・イタリアー ノへ移籍、2008年にはイングランドのブラックバーン・ローヴァーズに1年間 の期限付きでレンタル移籍にて移籍をしました。 このような1年契約といった形をとるのもサッカー界ならではというかシビアな世界 だということがよくわかります。


相互リンク
後遺障害



ガリー・メデル選手

闘牛士(El Pitbull)という愛称のとおり、ハードなプレイを得意とし、そのプレイスタイルが似ていることからチリのガットゥーゾとも呼ばれるプレーヤーです。 2006年、チリのウニヴェルシダ・カトリカでデビューし、現在もウニヴェルシダ・カトリカに在籍をしています。

ガリー・メデル(Gary Alexis Medal Soto)は1987年8月3日生まれ、チリ・サンティアゴ出身のサッカー 選手です。しかし、2007年に飲酒運転で逮捕されたり、2009年1月に交通事故を起したりと、サッカー以 外でも話題になることが多い選手のようです。サッカーでの華々しい活躍と同時に悪いことでも有名だったのが この選手でもあります。このチームを知る人はこの人のことを知らない人はいないのではないでしょうか?

チリ代表としても、FIFA U-20ワールドカップ2007で中心選手として活躍するなど、チリにとって重要な選手の一人となっており、ビジャレアルやバイヤー・レバークーゼン、フィオレンティーナといったトップクラブがガリー・メデルの獲得に関心を示しているといわれています。幸い、1月の交通事故では骨折などをまぬがれ、重症ではないという報道でしたが、事故以降代表戦に召集されることがいまだありませんので、キリンカップサッカー2009での日本代表対チリ戦に出場できるかは不明です。

2008年に行われた親善試合の日本代表対チリ戦ではその存在感を充分に示した選手でもありますので、今度のキリンカップでも その勇士を見ることができると良いですよね。ポジションはMFでセンターハーフを務めることが多いようです。 このようにポジションが変わることもあるのも基礎知識になります。サッカーを知らない方にはなかなか理解がむつかしい点かもしれませんが、 これからサッカーファンになろうとしている人には必要な知識になります。